ホーム > 歯を失ったときの治療

歯がなくなってしまったら

「なぜ、歯を失ったのか」を探った上で治療法を提案し、一緒に考えていきます

歯がなくなってしまったら

何より大切なのは全力で歯を守り、失わないよう努めることです。
歯を残す技術は日進月歩、一度抜歯と診断された歯でも残せる場合があります。
セカンドオピニオンとしてもぜひご相談ください。

しかしながら、どうしても抜かなければならない場合や失ってしまう場合もあります。
その原因は様々です。歯周病、むし歯、またはケガによるものなど。
まずはその原因を探るため、かならずお口の中を撮影いたします。
この写真とレントゲン、そしてお口の中を総合的に見て状況を正確に把握し、患者さんのご希望を伺います。

どのような生活をしているのか/したいのか、何を食べたいのか、何歳なのか……などをお伺いした上で適正な選択肢を提示し、予算や治療期間、見た目など患者さんのご希望とすり合わせて、一緒に治療方針を決めていきます。

入れ歯

簡単に取り外しできることが最大のメリットです

入れ歯

歯を削らなくても作ることができ、気に入らない場合は外すことができるので、失った歯をどう補うか迷っている方には“最初の一歩”として有効な治療法です。
しかし、噛む力は天然歯の約1/10と弱く、お手入れの手間がかかるなどリスクも多いので、より使いやすい歯を実現する他の治療法と比べると、どうしても限界があります。

ブリッジ

ブリッジ

比較的安定していますが、健康な歯を削ることについて充分検討する必要があります

抜けた部分を挟む隣通しの歯を削り、土台にして接着する治療法です。
見た目が良く、噛む力もそれなりに実現でき、普段はブラッシングでのお手入れが基本になります。
しかし、天然の歯に勝るものはなく、健康な歯を削って行うことに意義を見いだせるかどうか、ということを当院では患者さんとじっくりご相談させていただきます。

治療を行う場合は、咬み合わせのくせなどを精査し、ブリッジを製作します。

インプラント

天然歯を守ることができる安定した治療法です

インプラント

他の歯を削ることなく施術ができるため、ご自身の歯を守ることができる治療法です。
また、見た目にも優れ、自分の歯のように日々のお手入れができることも魅力です。

ある程度の治療期間、および簡単な手術が必要になることと、自費での診療になるため、他の治療法と比べて費用が高くなることもあります。

>>インプラントについて詳しくはこちら

>
>山本先生にインタビューをしてみました。

山本歯科 神田駅徒歩5分 20時まで診療 お電話でのお問い合わせはこちら 電話番号 03-3252-0624 お問い合わせはこちら